【動画制作】撮影や動画制作で法律違反してませんか?大きな誤解と権利侵害

人や物を撮影したり、
動画編集で使用する素材の転用など、
知らずに法律違反をしているケースがあります。
「バレなければいい」ではダメだし、
「商売にしていないから問題ない」と大きな誤解をしている方も多いようです。

法律に関して、
特に注意すべきポイントを整理してみると

他人を勝手に撮影した時点で肖像権の侵害

他人を勝手に撮影した動画や静止画をネットに公開した時点でプライバシー権の侵害

動画編集時に使う素材の著作権

「違法アップロード」と「違法ダウンロード」

肖像権の侵害

肖像権
写真や動画撮影で本人の許可なく自分の顔または体を撮影されたり、公表されたりしない
「撮られないため」の権利です。

映像として撮られたその瞬間に肖像権の侵害となります。

日本国憲法の第13条「幸福追求に対する国民の権利」
すべて国民は、個人として尊重される。
生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

肖像権やプライバシーの侵害で他人を訴える場合、この条文が法的根拠として利用されます。

例外として、訴えられるリスクが少ない場合は、
・公共の場である
・承諾を得られている
・被害が少ない
ってこともあるようです。

プライバシー権の侵害

プライバシー権
プライバシー(私生活上のことがら)をみだりに第三者に公開されない権利です。

判例によると「個人に関する情報をみだりに第三者に開示または公表されない自由」が、プライバシーの権利であると定義。
プライバシー権は「公開」「公表」「配信」されることで権利の侵害とみなします。

プライバシー権は原則として
「公開」「公表」「配信」されることで権利の侵害とみなします。

「個人情報」と似ているようですが、個人情報は「個人を特定できる情報」と解釈されています。

個人情報
「個人情報保護法」では、「個人情報」を次のように定義しています。

『生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述などによって特定の個人を識別できるもの(他の情報と容易に照合することができ、それによって特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)または個人識別符号が含まれるもの。』

名前・年令・性別・住所・電話番号・E-mailアドレス・LINEの追加情報・学校名・銀行口座・クレジットカード番号など、
個人が特定される可能性のある情報のこと

一見して個人を識別できなくとも他の情報と合わせれば個人の識別が可能になるものも個人情報となります。

著作権の侵害

著作権
「著作権法」という法律で定められていて、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの」とされています。
何かの表現として作品を創出した際に生じる権利です

著作物:自分の考えや気持ちを
    作品として表現したもの

著作者:著作物を創作した人

著作権:著作者に与えられる権利

具体的には、小説、音楽、舞踊、絵、彫刻、建築、地図、模型、映画(動画)、写真、プログラムなど。

写真・画像には著作権があり、自分で作成、撮影した画像、写真でない限り、著作権の処理が必要となるのが原則で、それぞれに管理している団体があります。

作品が完成した時点で権利が発生し、死後50年間保護される(映画などは70年)

著作権は、著作者が作品を制作した時点で、自然に発生するため、申請や登録の必要はありません。

動画や静止画の素材を動画制作で使用する場合には、画像検索結果から元の記事まで確認して、フリー素材か?商用自由か?などよく確認する必要があります。

個人ブログなどで、そのブログ管理者が撮影・編集しているなら著作権はそのブログ管理者です。

また、画像を無断転用して著作権違反している個人ブログからその画像を転用したら自分も著作権違反となります。

音楽著作権
JASRAC(日本音楽著作権協会)は、
音楽の著作権を管理している非営利団体。

作詞者と作曲者が有する、財産権としての著作権がありますが、市販されるCDなどではこれらの権利が日本音楽著作権協会(JASRAC)に譲渡されていることが多く、権利者はJASRACとなります。

さらに、音楽の場合はこの著作権だけではなく「著作隣接権」もあり、マスター音源(一般的には「原盤」と呼ばれます)を制作した者が有する「レコード製作者の権利」と、その原盤に収録されている音を演奏したり歌ったりした者が有する「実演家の権利」があります。

テレビやラジオで流れる音楽を勝手に動画に利用したり、購入したCDに収録されている楽曲を無断で利用することは禁止されています。

使用する場合は、著作者の許諾が必要となり、音楽の場合は、複数の著作者が存在しています。

個人で購入した音楽(CDやダウンロード)については、
「私的利用の範囲」であれば複製は認められていますが、
それ以外の用途での使用は著作権の侵害となります。

違法アップロード/ダウンロード

違法アップロード
公衆送信権の侵害
著作権者の許可なしに他人の著作物をネット上にアップすること

YouTubeに、自分の好きなアーティストの動画を投稿

YouTubeに、好きなテレビドラマや映画の動画を投稿

自作動画のBGMに、好きなアーティストの曲を使用して YouTubeに投稿

3秒だけ、ドラマのシーンを使って動画編集して投稿

映画を編集してYouTubeに投稿

上記のような場合は、すべて違法となります。

違法ダウンロード
他人の著作権を侵害して、違法にアップロードされた無料または有料のコンテンツを違法と知りながらダウンロードすることです。

例えば、アーティストの楽曲や映画、ドラマやテレビ番組などを、自分が編集する動画の素材として使うために勝手にダウンロードする事など

その他の法律や権利の侵害

これ以外にもリスクや影響は低いですが、知っておくべき法律もあります。

・パブリシティ権
著名人が、自分の肖像や名前に依拠する経済的な価値を保護し、また独占できる権利のことです。

要するに、第三者が有名人の肖像や名前を使って商品やサービスを宣伝したり、販売促進する場合は、許諾(ライセンス)を受けない限り、このパブリシティ権を侵害することになります。

・商標権
ロゴマークやキャラクターなど、特許庁に申請して審査を受け、登録された時点で権利が発生します。

他者に無断で使用されないように保護する権利です。

商標をブログで紹介することは商標権の侵害にはあたりませんが、
ブログのヘッダーに使ったり、明らかにその商標を自分の商標として利用してしまうと侵害になります。

・意匠権
製品や商品のデザインについて独占権を認める制度です。

自社製品のデザインを意匠登録して、コピー商品、類似商品などの模倣品対策です。

・住居侵入
「撮影禁止」と分かっていながら、その土地に入って、撮影してしまうと「住居侵入罪」になります。

しかし、公道から撮影する分には「住居侵入罪」の法律上の効力はありませんが、他の権利侵害の可能性はあります。

それ以外にも「無断で他者を撮影し、本人の許可を得ずにSNSに投稿し、相手に精神的な苦痛を与えること」をフォトハラスメント(フォトハラ)と呼ばれています。

いかがでしたか?
すべて完全に覚えることは難しいですが、法律違反のリスクが高いポイントだけでも理解しておきましょう。

他人を勝手に撮影した時点で肖像権の侵害

他人を勝手に撮影した動画や静止画をネットに公開した時点でプライバシー権の侵害

動画編集時に使う素材の著作権を理解

「違法アップロード」と「違法ダウンロード」を理解