【動画制作】「読む」より「見る」方が伝わる!

マニュアルの文字を読んでも、
なかなか頭に入ってこないし、
覚えにくい・・・

最近では、外国人の従業員が多く、日本語のマニュアルが読めないことも問題視されています。

動画は、動作や手順など文字や静止画では理解が難しい説明を実践映像で習得できます。

文字を読んで、動きをイメージするのではなく、
実際の動きを見て理解するので効果的です。

しかし、動きを全体的に撮っても
「手元の動きが分かりにくい」

手元だけ撮っても
「全体的な動きが分かりにくい」

どうすれば分かりやすい動画になるのでしょう?


記事:「動画制作」何から始める?はじめの一歩 

1.理解させたい動きを分解する
2.分解した動きのポイントを整理する
3.説明ポイントが分かるアングルを決める

例えば、「鍵を開けて、家に入り、靴を脱ぐ」という動画マニュアルを作るとします。

下記のような動作分解表を作成して、ポイントを整理した上で、動画を制作することで、説明と映像が合致して、より理解しやすい動画マニュアルができます。

このように、完成動画のシナリオを具体的に準備した上で、

分解した動作シーンごとに撮影
編集でタイトルやテロップ表示


これにより、効果的な動画マニュアルを制作することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です