【動画制作】ナレーションの収録「人の声」「デジタルボイス」どっちがいいの?

ズバリ!
費用や制作時間、聞きやすさなど総合的に判断して、
人の声がベスト!

デジタル技術が進歩して、
人の声に近づいているとは思いますが、
やはり聞きやすいのは人間が話す声です。

一般的にデジタルボイスに適しているのは、
例えば、緊急避難放送のような、広範囲に声を届けたい場合は向いているようです。

距離の出る音域を出しやすいのがデジタルボイスの特徴です。

反面、長時間聞いていると耳が疲れるなどデメリットから、人の耳に心地よい音は、人の声なんです。

ナレーションの作成方法は大きく分けて3種類あります。

・制作会社や専門業者に依頼する
・自分で録音する
・デジタルボイスのソフトで音声制作する

制作会社や専門業者に依頼する。

動画制作を依頼する時に、ナレーションの追加オプションをつける。

ナレーション収録だけ依頼する

ナレーション原稿を作り、制作会社に任せるだけで簡単ですが、当然追加料金がかかります。

制作会社により、料金設定にかなり格差があるのが現状で、アナウンサーなどの本格的なナレーター収録している場合、かなりの高額になります。

動画編集出来る環境があるなら、自分で収録した方がいい場合もあります。
状況により判断して選択して下さい。

自分で録音する
ボイスレコーダー(ICレコーダー)で録音

音声ファイルをパソコンに取込み、動画編集の素材として使用します。

安いボイスレコーダーも売っていますし、スマホのレコーダー機能やパソコンでも録音出来ます。

またビデオカメラで録画する方法もあります。

カメラの集音マイクを利用して録画して、動画編集ソフトで音声だけ使う事もできます。

注意点として、録音時に周囲の雑音も収録してしまうので、静かな場所で録音する必要があります。

デジタルボイスソフトで音声制作する

最近では、フリーのデジタルボイスのソフトもあるので、パソコン環境さえあれば音声データが制作出来ます。

編集するには少しスキルが必要ですが、パソコン上で発音や音質など細かく調整しながら、人が話しているように近づける作業に経験値やコツが必要で、動画編集するスキルより少し難しい感覚があります。

フリーソフトほど編集は難しく、人が聞き取りにくい完成度になりやすいです。

有料版で10万とか50万とかする本格的なデジタルボイスソフトほど自然な感じに仕上がります。

例えば、電車内のアナウンスなど、本格的な超高額デジタルボイスソフトで作成した音声は、人の声に近い聞きやすさではないですか?

デジタルボイスだと気付いていない人もいるのではないでしょうか?

いつも乗っている電車の車内アナウンスは
車掌さんの声ですか?
デジタルボイスですか?
気にしてみると少し面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です