【小売塾】アンガーマネジメントって何?

自分の思い通りにいかなくなったら、すぐに態度が変わる人っていますよね・・

本当に困ります・・・

職場で少しでも忙しくなると、
イライラして周りにあたり散らしたり
話す言葉が「トゲトゲしい」「攻撃的な行動や言動」などから、周りの雰因気が悪くなったりしていませんか?

感情的になったあとに後悔することありませんか?

後でどれだけフォローしても、相手には嫌な感情は残ります。

忙しい時や追い詰められた時にこそ、本当の姿は見えてきます。

余裕がある時に、いくら機嫌よく振舞っていても、
「あの人、忙しくなったらすぐにあたり散らすから、あまり話さないようにしよう・・」となります。

周りからの信頼関係に大きく影響し、離職パワハラにも密接に関係します。

自分の感情をコントロールできる人とできない人は、周りからの評価が変わります

アンガーマネジメントとは?

怒りの感情と上手に付き合い、
「イライラ」や「怒り」の感情をコントロールするスキルです。

当初は、犯罪者のための矯正プログラムなどとして活用されていましたが、一般化されて、ハラスメント防止対策として職場に導入され、アスリートのメンタルトレーニングなどにも広く導入されています。

怒りの根底には、「私生活の問題」「悲しみ」「不安」など、複雑に絡み合った感情があり、自分でコントロールできる限界を越えると、行動や言動に表現されます。

人がコントロールできる容量には差があるので、器の小さな人はすぐに限界を越えて爆発する感じです。

しかし、考え方や理解によりこの感情は抑えられます。

しかし、考え方や理解により
この感情は抑えられます

怒りの理由

原因は、
「理想」と「現実」のギャップが理解できないからです。

相手が、求めている事をしてくれない!

相手が、自分の考える「あるべき姿」でない!

期待や欲求への理解が得られないと不満が溜まってきて、怒りが表面化する。

この怒りの発生プロセスや自分がなぜイライラしたり怒りがあるのかを冷静に認識することが重要です

テクニック

~テクニック①~
イライラしたら6秒待つ

怒りは、衝動的な場合が多く、そのピークは6秒だと言われています。

怒りの衝動を感じてすぐに行動や言動すると、あとで後悔や反省することになります。

6秒を過ぎると、怒りの感覚は収まってくるので、深呼吸をして心を落ち着かせたり、その場を一旦離れるなど、少し待ってから行動しましょう。

~テクニック②~
自分の価値観を押付けない

相手に対して「~するべき」という自分の価値観が、必ずしも相手に理解される訳ではありません。

それを理解していないから「怒り」になってしまいます。

相手の価値観や考え方を理解して、自分の考え方だけを相手に求めない意識を持つことです

~テクニック③~
自分に出来る事だけ考える

例えば、「●●お願いします」⇒「なぜ自分でやらないんだ!」と怒りを感じたら…

相手に実施させようとしても断られたり、口論になったり、無駄なエネルギーを使います。

そうではなく、「頼まれごとは、試されごと」と思い、「どうすれば出来るかなぁ」と考えたりして

自分だけで行動コントロールできない事は、気にしないようにします。

最初の6秒をやり過ごす事で、大抵の怒りはコントロールできるのです。

他人の価値観や考え方を受け入れて、自分自身の思考をコントロールする意識を常に持つことで変わります。

相手に求めるだけ、自分の事しか考えない場合は、「怒り」が発生しやすいのです。

自分が変わらないと、相手も変わらないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です