【動画制作】撮影機材や周辺機器など何を準備すればいいの?

動画制作を始める前に、何を準備すれば良いのでしょうか?

まず、動画を撮影する機材が必要です。
他には何が必要なのか?
その選び方や機能スペックなど、参考にして下さい。

ビデオカメラ

内蔵メモリ
ビデオカメラ本体に録画できる時間(容量)で、32GBくらいあれば十分です。

本体設定で画質を選択できる場合が多く、
ファイル形式や低画質~高画質で各メーカーで色々な種類があります。

機種や機能により、録画できる限界時間が変わってきますが、基本的に標準画質で撮影するとして、
32GBで約4時間くらいは録画できるので十分足りると思います。

下記表は、32GBの場合の動画録画時間の目安です。

内臓メモリは、カメラ本体やスペック表などに必ず明記されているので確認が必要です。

メモリカード種類・スロット数
ビデオカメラ本体にメモリーカードをセットすれば録画時間がさらに追加できます。

SDカードを使うカメラが多いですが、
SDカードは容量の大きさによって
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの3種類があります。

使用可能なカードは機器によって異なりますので、取扱説明書やスペック表などで確認してください。
SDXCカード対応機器は、
SDHCカード、SDカードも使用可能です。

SDカードがセットできる枚数は「スロット数」などで表示されています。

 

他に役に立つ機能では、
手振れ防止機能
三脚を使わずにハンディーで撮影する時に、意外と助かる機能です。

この機能がないと撮影した動画がブレブレ・・ガタガタ・・で見にくい

充電しながら撮影できる?できない?
これも意外と盲点・・
バッテリー切れの時に初めて「えっつ!?」できないの?って気づく場合が多い。

その他チェックするポイント
・予備バッテリー
 標準の付属バッテリーで何時間連続撮影できるか?
 3時間くらいが「あるある」ですが、予備バッテリーや充電器などもあれば安心です。

・USBケーブル接続
標準付属品に含まれているか?
カメラとパソコンを接続してデータをコピーしたり、テレビに直接接続して視聴できたり、必須付属品です!

・有効画素数200万画素
「画素数」って??
説明すると少し面倒なので200万画素くらいあれば問題ないと思います。

・光学ズーム32倍
ズームがどのくらい必要か?です。
これも少々面倒なので「光学ズーム32倍」くらいで十分です。

・イヤホン
音声収録の確認でカメラに接続して、音声が撮れているか?のチェック用です。

撮影後に「えっつ・・動画に音声が入っていない・・」なんてことがないように撮影時に確認するために絶対にあった方がいいです。

カメラ本体にイヤホンジャックがない場合もあるのでチェック必要です。

マイク

カメラ本体にも集音機能はついていますが、
周囲の音を均等にすべて拾ってしまいます。
また、カメラに近い音を優先して大きく集音してしまいます。

遠くからズームで撮影できても、肝心な声が録音できていない・・なんてことも
外撮影での会話収録や講義録画でプレゼンターの話す声など、明瞭に録音したい場合には
絶対に必要です。
びっくりするほどはっきり録音できます。

各メーカーやカメラ機種により適合がありますので事前確認は必要です。

ワイヤレスマイクロフォン
基本的に2個セットです。
カメラ本体に「受信機」、集音したい場所や人に「集音機(ワイヤレスマイク)」をセットします。

機種により違いますが、5m~10mくらいは余裕で受信します。
カメラ本体の近くでなく、ワイヤレスマイクを中心に集音します。

離れて撮影した場合、
ワイヤレスマイク周辺をズーム撮影すれば、ドラマやテレビ番組のような映像制作が出来ます。

ガンマイク
本体にセットして狙った方向のポイント集音が可能です。

カメラ本体の集音マイクよりは音質が良く、こもった感じがなく、すっきりとした音で言葉がきちんと聴き取れます。

しかし、被写体から離れて撮影するのであれば、ワイヤレスマイクをおすすめします。

三脚

クイック脱着できるように、カメラ本体にパーツを取りつける必要がありますが、
固定撮影する時には必要な備品です。

下記くらいのスペックで選べば問題はないと思います。
全高:1500mm
縮長:450mm
4段伸縮
質量:1200g

水準器やギヤ式エレベーター
クイックレバーロック式

購入予算

どのくらいの予算が必要なの??
特に、カメラ本体は機能やスペックにより、かなりの金額幅がありますが、
目安金額を出すとすれば・・・

~これだけ準備すれば安心セット~

・ビデオカメラ
(メモリ32GB、200万画素、高額32倍ズーム)
・SDカード(32GB)
・ワイヤレスマイク
・バッテリー(予備)
・バッテリーチャージャー
・三脚

上記購入で8万円くらいです。
制作動画のレベルにより機材レベルも変わりますが
基本的に必要なセットです。

ビデオカメラの代わりにスマホ撮影って「あり」
なの?
「あり?」「なし?」で答えると、「ありです」

例えば、2万円以下の安いビデオカメラで撮影するなら、アイフォンで撮影した動画の方が画質が良かったりします。

しかし、音声収録や動画ファイルの扱いなどデメリットはありますが、制作する動画の完成度により、選択肢としては考えてもいいと思います。

本格的に動画制作したい場合は、スマートフォンだけでは役不足を感じるはずなので、
デオカメラや一眼レフなどの撮影機材は必須と考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です